てつラン&トレイル

何目指してるの?ってそれが褒め言葉

ガチ練はアームカバーと共に〜防寒対策〜

こんにちは!てつです! 

今年は暖冬で日中もあったかくてマラソンランナーにとっては嬉しい?シーズンですね!お昼休みjog5kmだけでもすぐに汗ばんでしまいます。
とはいえ、それでも朝や夜に練習するときは冷え込んでいて寒い。
外に出るのがついつい億劫になってしまいます。

 
ジョグを行うだけであればジャージを着たままこなしても良いのですが、TTやインターバル走などのポイント練習/ガチ練を行うときは邪魔になります。すぐに脱ぎたくなること間違いなし。

競技場など荷物を置いておける練習環境であれば、途中で上着を脱いだりできるかもしれませんが私は

 自宅出発→練習→帰宅

ということが多いので、練習の途中に荷物を置いておくのが難しい環境です。

 

そんなときアームカバーをよく使用しています。

f:id:tk_run:20200125175606j:plain

「ノースリーブアンダーシャツ+Tシャツ」と「アームカバー」を装着することで上半身を覆うことができます。
防風素材ではないので多少の風は通しますが、よっぽどの強風でない限り体が温まってくると気にならなくなります。

アームカバーの良いところは体感温度に合わせて調整できるところですね!

  • 暑くなってきたら手首あたりまで下ろす。
  • 寒くなってきたら二の腕あたりまで上げる。

という方法で体感温度の調節ができます。走りながらでも簡単にできます。

 

昨年3月にサブ3.5を達成した時もアームカバーをつけて走りました。
スタートまでの待ち時間は寒くて一番辛い時間ですよね。本当は薄手のランニング用パーカーを着ておいて途中で脱ぐというのがベストなのかもしれませんが、お荷物になるので私はいつも

  • ノースリーブアンダーシャツ+Tシャツ
  • アームカバー

で上半身は装備しています。

今まではc3fitのアームカバーを使っていたのですが、この冬cw-xのアームカバーを新調しました!

25%OFF【メール便(5)】 (シーダブルエックス)CW-X アームカバー スポーツ UVカット 男女兼用 HUO609 レディース メンズ

価格:1,897円
(2020/1/25 17:47時点)
感想(4件)

私はユニセックス S(上腕周囲24~26cm)という物を店頭で購入したのですが、少し大きかったようで、二の腕途中で止めると少しずつずり落ちてしまいます。
なので肩付近の腕周りがある辺りまで上げて使用しています。
二の腕側の内面には滑り止めのラバーもついているので、ぴったり合うところで装着すれば落ちてくることはありません。

ちなみに私は180cm/62kgで上半身はガリガリ体型です。
もし、ガリガリ体型の男性の方はレディースのS(上腕周囲23-25cm)の方を購入した方がストレスなく(無理に肩付近まで上げる必要なく)使用できると思います!
恥を恐れず自分にぴったりのものを買うべきですね。私も試着とかで確認すればよかったなぁ・・・

 

皆さんもアームカバーで防寒対策!

ラソンシーズン乗り切って行きましょう!